トップページ > 成績が上がる理由

成績が上がる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆わからない=弱点を発見し、克服する学習

一人ひとりの、わからない部分=弱点を発見して、その部分を集中的に学習します。       だから、効率よく、より学力がアップします。

◆問題レベルは4段階に分かれています。・基本・標準・応用・発展

一人ひとりにピッタリ合った、「オーダーメイドの問題」を作成します。

 

弱点を一つ一つ克服して、理解力を増していけば、自分の勉強の成果が目に見えてきます。だから

 

「やる気」がでてきます。

 

また、勉強の目標が明確になるので、「やらされる学習」や「教わり過ぎ学習」とは違った「自立的

 

な姿勢」「自分で考える習慣」が身についてきます。

 

この習慣が、将来、必ず役に立つ、能力・資質を形成することは間違いありません。

 

「依存学習」から、「自立学習」

●自分で考え、自分から学ぶ姿勢を身につけるお子さんになっていただきたい。

 

●「教わる」という受け身の勉強の人から、「自から学ぶ」という能動的な勉強ができる人

 

 になっていただきたい。

 

◆「受け身学習」の弊害は、後にならないと分からないから怖い

  • (1)教えてもらうことが勉強だと思い、教える人がいないと一人で勉強ができない。
  • (2)教わって丸暗記。分かったつもり。この繰り返しでは成長は望めません。
  • (3)考える前に「わかんない」と言って、丸投げするので、思考力や応用力がつきません。
  • (4)手取り足とり教わってしまうので、「わかった、できた」という感動を経験できない。
  • (5)考えなくなるから、「なぜ?どうして?」という知的好奇心が育ちません。

◆青葉塾が掲げる「自立学習」とは

  • (1)すぐに頼らせません ・・まず、できるだけ自分の力で解くようにします。
  • (2)わかる所まで考えさせます ・・ 解説・解答を見て考え、また調べるようにします。
  • (3)「類題」で圧倒的なトレーニングを ・・ “わかるまで、できるまで”練習します。
  • (4)「わかった!できた!」を体感 ・・ 学ぶことに感動を覚え、勉強が面白くなるように。

 

自分から読み、考え、調べ、進めていく。ここで大切なのは勉強する人自身が考えている」とい

 

事実です人は、考えることによって、「なぜ?どうして?」という、知的好奇心を増幅していく

 

ことができるようになります。

 

そして、勉強(苦しい、楽しくないというイメージ)から、学ぶ楽しさ、喜びを自分のものにしてい

 

ます。だから、4時間でも、6時間でも、8時間でも、10時間、12時間でも、難なくやりきるお

 

子さんが続いて出てきているのです。

 

◆やる気を育み、学習の質を高め、適切な学習量をこなす。

 

これが成績向上の重要な要素です。どれが欠けても学力を上げることは難しくなります。

 

この3つの要素を高めるノウハウが青葉塾にはあります。

 

◆知識が確実に定着する「弱点発見・弱点克服の演習」

 

成績が振るわないのは、知識の定着が弱いからです。学習した内容が確実に身についているかどうか

 

を判断するために「発見テスト」を行い、 そして、「弱点対策テスト」に合格するまで頑張るように

 

するという学習を進めます。<遡行学習

◆分からないところをピンポイントで学ぶ映像学習

分からないところ、理解できていないところは、ピンポイントで、

 

質の高い映像学習を行います。

 

「テキスト」と「確認のための演習問題」があります。

 

集中して学習にとりくめる学習環境

 

集中力を高めるためのアルファー波を誘引する、ヒーリングミュージックが絶えず流れています。

 

内申点と実力アップに結びつく「定期テスト」対策を万全に

 

「中間・期末テスト対策」は、余裕を持って取り組めるよう、テストの8日前から「毎日塾」とし、

 

 特に土・日は、「長時間特訓」を自主的に目標を決めて、対策学習を行います。

ページのTOPへ