トップページ > 新着情報 > 塾生の声(2)

塾生の声(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

クローバーのイラスト素材塾生の声(2

私は、中学2年生の秋に、友達の紹介で塾に入りました。もともと勉強が好きでなく、心のどこかで

は、誰かにやらされているという気持ちがありました。

しかし、青葉塾に入ってからは、自分の気持ちが大きく変わりました。それは、悔しいと思えるよう

になった事です。1年生・2年生前半のテストでは、70点・80点の点数が取れれば満足してしまう自

分がいて、間違った問題を解き直す意欲は少しもありませんでした。しかし、今考えてみると、意欲が

なかったのではなく、自分の苦手からただ逃げていただけだと思います。特に、数学が苦手な私は、家

庭学習でも他の教科に比べると、勉強量が少なかったと思います。苦手だということはことは分かって

いても、何をしたらいいのか分からない、結局、何もせずに終わってしまう毎日でした。

青葉塾に通い始めてからの私は、自分でも驚くほど変わりました。3年生になると、毎月のようにテ

ストがあり、思うように点数が伸びない時期もありました。しかし、テストで分からない問題がある

と、すぐに家庭学習として取り入れました。そして、苦手を克服することの大切さや、理解できた時の

嬉しさを知ることができるようになったのでした。悔しいという気持ちから、次の嬉しさにつないでい

くことが楽しいと思えるようにもなりました。

気づいた時には、「勉強は自分を成長させる。だから、自分のためにやっているんだ」と思っている

自分がいました。私は、人一倍理解するのが遅く、人一倍負けず嫌いです。だから、人一倍努力して、

人一倍あきらめない心を大切にして、これからも青葉塾で勉強していきたいと思います。(原文のま

ま)

 

<毎日のように塾に来るとともに、家庭学習もしっかり進め、持っている問題集の全ての問題をやりき

ったと言っていいほどの努力をし、進学校に合格を果たしました。高校生の現在、部活に参加してか

らの帰りに、塾で勉強中です。更なる努力が続いています。>

 

ご注意

ページのTOPへ