トップページ > 新着情報 > 弱点克服と繰り返しこそが成績アップのキーポイント!

弱点克服と繰り返しこそが成績アップのキーポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

虹の村固定背景「弱点克服」と「繰り返し」が成績アップのキーポイント! 

弱点完全克服の流れ

理解するまで繰り返し演習することで弱点を完全克服!!

1.発見テストの作成
「発見テスト」を作成します。
 
2.弱点発見    答えをチェックします。  
3.弱点対策テスト
間違えたところの類題(基礎データは  同じ問題)が自動編集され、「弱点対策 問題」がプリントされます。「発見テスト」の解説を読んでよく理解した後、その問題をていねいに解きます。
 
4.弱点克服
点検して、さらに間違いがあった場合は、詳しい解答と解説を読んだ後、再度問題に取り組みます。たとえ1問でもやり直します。
テスト1→弱点発見→テスト2→弱点発見→テスト3→弱点発見→弱点克服
5.弱点完全克服                   完全に出来て、弱点克服となります! 弱点克服

◆弱点克服の仕組み=弱点つぶしの理論

理解できない弱点克服だけに特化して対策するから効率よく学習。だから、確実に点数アップ!

不完全な弱点克服 完全な弱点克服
弱点対策に特化していない教材を使った場合
「弱点対策に特化していない教材」
メビウスを使った場合
「スパトレ」
弱点対策に特化していない教材の場合、理解しているところまで繰り返し学習することになり、肝心な弱点の克服ができません。 「スパトレ」を使うと、その人の弱点とレベルに合わせた「弱点対策問題」だけが出題されます。弱点を完全克服し、学習内容の理解が、短時間で効率よく達成できます。授業で理解できなかったところもここで無くなります。

●「スパトレ」開発のヒントは、開発者の”弱点つぶし勉強法”から。

「スパトレ」の開発者は、中学2年生の時、交通事故に遭い、2年半入院しました。退院後、3年生に復学し、今までの遅れを取り戻すために行った勉強方法が、“教科書の理解した部分は塗りつぶして”いき、“残った理解していない部分を徹底的に勉強”することでした。
その“弱点つぶし”の勉強法のおかげで、3年生の期末テストで学年1位を取ることができました。

それから時がたち、自分の息子2人に多額の教育費を使って家庭教師や学習塾等で勉強をさせてみましたが、あまり効果が上がりません。「どうしてなんだろう?」と、疑問に感じた彼は、自分自身の経験に立ち返り、以前、自分がやった勉強方法“弱点つぶし”の学習法こそが勉強の決め手だと確信しました。

当時、公共工事の積算ソフトウェアの会社を立ち上げて2年目。この「弱点克服」をシステムとして開発できないか?そう考えた彼は、仕事を生かし、「スパトレ」の開発に着手しました。       <現在そのソフトウェアの会社は大発展しています>

それから18年。「スパトレ」は日々進化し続け、全国で、お子さんたちの強い味方として活躍しています。それは、全国の学習塾にとどまらることなく、多くの公・私立の進学校でも採用され、成績向上に貢献し、お子さんたちの笑顔を増やし続けています。

ご注意

ページのTOPへ