トップページ > 新着情報 > TLTは奇跡の学習ソフト、完璧な記憶を可能にします。

TLTは奇跡の学習ソフト、完璧な記憶を可能にします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験生の最強の味方!TLTソフト

 

TLTソフトとは

Newton<教育社>が開発した自動習熟システム ― TLTソフト

Testing(テスティング)  ― 自分の実力をチェック
Learning(ラーニング)   ― 弱点項目だけを学習
Training(トレーニング)― 覚えるまで繰り返し演習

の頭文字をとったもので、Newtonが、初心者の方でも容易に「完全習熟」してしまうことを追求し、脳科学に基づきコンピューターの特性を活かして開発した、自動習熟システムソフトの名称です。

TLTソフトは、パソコンによる「習熟管理機能」「自動反復機能」、それに膨大な学習を超速で進める「ワンタッチ入力システム」、習熟度判定による「習熟番号表示」等の仕組みが認められ、日米特許(国内No.3820421、米国No.5888071)を取得しました。

試験で確実に得点できる正確な知識の習得こそが合格への近道です。

TLTソフトなら、あいまいだった知識が効率よく頭に刷り込まれ、自然に確実な知識となりますので、かつてないほど強力、かつ、短時間で、確実な成果をあげることができます。

また、TLTソフトは、効率よく演習を行い、スピーディーに目標を達成できる画期的な教材として、大学、専門学校、高等学校、中学校などの各教育現場で、ご利用いただいております。

脳科学に基づいた「忘却曲線」の応用で、正解から定着へ

TLTソフトでは、全ての問題に瞬間的に正答できるようになるまで、徹底的に繰り返し学習をします。
「覚えたつもりだったのに…」を防ぐため、出題形式・内容を少しずつ変化させたり、時間をおいて以前できた問題を再び出題したりします。

これは、時間の経過や新たな知識を吸収する過程で記憶が曖昧になり、次第に忘れていくという「忘却曲線」を応用したシステムが組み込まれているからです。

TLTソフトは、最後にはしっかり「頭にすりこむ」ようプログラムされています。

忘却曲線

TLTソフトでは、設問の『答』の最初の1文字を入力するだけで、コンピュータが○×の判定をします。 例えば、『答』が〔家族〕なら、〔KA〕と入力すると、〔家族〕と表示され、正解と判定されます。その後は自動的に次の設問、あるいは説明文へと移行します。 これが学習スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力システム』 です。

基礎チェックが終わると、重要問題の学習へ移ります。ここでは、それまでに学習したなかで、まちがった事項をもう一度チェックし、トレーニングします。

このように、苦手な問題を復習し、さらに総復習を総チェックで行います。 全ての学習区分で『終了』または『合格』の表示がされると、最後にその分野の完成の証として『合格保証番号』が表示されます。

Q&A

TLTソフトとはどういうソフトですか?

TLTソフトとは、Testing(全学習事項について知っているか、知らないかをチェック)、Learning(知らない事項だけをよく理解できるように学習)、Training(完全に理解し覚えつくすまでくり返しトレーニング)の頭文字をとったもので、 ニュートン社が、学習者が自動的に『完全習熟』してしまうことを追求して開発し、米国特許・国内特許を取得した「自動学習管理習熟システムソフト」の名称です。

TLTソフトでは、どのような学習をしますか?

TLTソフトでは、該当試験に必要十分な知識量をインプットとアウトプットの繰返しにより記憶していきます。 すなわち、「文章を読む」「問題に答える」の反復演習で、知識を頭に刷り込んでいきます。その学習の概略は、「論点ごとの解説文を読み理解する」「解説文の文中空欄穴埋め問題を解答し理解を確認する」「一問一答式の○×問題や多肢択一式問題を解答し理解を深める」です。 ※教材により出題形式の詳細は異なる場合があります。

TLTソフトは他の教材と何がそんなに違うのですか?

パソコンでローマ字入力ができる人なら、TLTソフトで学ぶ学習項目を100%完全に習熟でき、例外なく「丸暗記」できる機能を持っていることです。英語で言うなら、これまで何年も単語を覚える努力をしてきた人でも、その全単語を「反射的に答えられる」ようにはなっていないのが実態です。TLTソフトなら、例外なく100%丸暗記することができます。苦手な単語が瞬時に答えられるようになるまで、何度も自動的にトレーニングさせられるからです。

パソコンの画面学習だけでほんとうに効果がありますか?

実力養成には、まったく問題はありません。また、英文や単語のつづりをキーで入力してトレーニングするだけで、ほんとうにペンや鉛筆で書けるようになるのでしょうか、などの不安をもつ人もいますが、ペンや鉛筆で実際に書いて練習したように、完璧に書けるようにもなります。

どうして完全習熟できるのですか?

基本問題や択一対策では、一通り学習したあと間違えた部分や問題があれば、その部分を完全に理解し問題に正しく答えられるようになるまで、繰り返し出題され演習します。正解できるようになった問題は、出題されなくなるので、画面に表示される問題に取り組み続けるだけで自動的に苦手部分の繰り返し学習が徹底でき、完全習熟を実現できるのです。

パソコン学習は目に悪くありませんか?

長時間おなじ姿勢で画面学習を続けると目が疲れます。TLTソフトでの学習中は、特に集中をしていますので、ときどき遠くを見たり、首の回転運動をしたりするようにしてください。意識的に目や腕、首、肩などの運動をお勧めします。

ご注意

ページのTOPへ