トップページ > 新着情報 > 小学生は「どんぐり問題」で思考力が身につきます!

小学生は「どんぐり問題」で思考力が身につきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

虹のパステル画「どんぐり問題」<算数の文章問題>で、

         小学生の時に『本物の思考力』を身につけましょう!虹のパステル画

青葉塾では、糸山泰三氏どんぐり倶楽部主宰)が考案した「どんぐり問題」を活用して、

小学生を「賢い子に」「深く考える子に」なるよう指導しています。

では、「どんぐり問題」とは、どんな学習でしょうか。

  

          文章題を読み、絵・図を描きながら、

         自分の力で解いていく学習です。naruhodo

 

 

「どんぐり問題」の1例・・・

 

ここは「何でも屋」さんです。お星様と黄金タコ焼きがよく売れています。お星様2個

と黄金タコ焼き1個では40万円、お星様3個と黄金タコ焼き2個では70万円です。では、

黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。 (小4問題)

 

たとえば、上記の問題です。中学入試では、○○算として、早く解く指導をするために、

解法パターンを教えます。しかし、青葉塾では、文章を読んで、ノートに絵(イメージ)

を書くことを大切にします。そうすることで「言葉・文章を頭の中でイメージ化する」

ようになっていきます。

初めは、まったく手がでません。「わからなーい」「書けなーい」を連発します。しかし、

そこで教えません。ヒントだけです。そういうお子さんが、2週間から3週間過ぎると、自

分で絵を書いて、解き始めるようになります。そして、3~4か月を経過するころには、お

子さんの発想が変わってきます。絵を描くだけで、線図を描くだけで、答えが見えるよう

になってきます。そして、式を立て計算もし、答えを出します。

「考える」ということが、「頭の中に絵を描いて、その絵やイメージを動かしていくこ

だ」ということが、体験的にわかってくるのです。

「どんぐり問題」は、学年ごとに100題ずつありますが、自分の学年に合わせる必要はま

ったくありません。小4問題と書いてあるのは、中学入試専門の塾に行っている人の小4

レベルくらいに充当するレベルのものですから、公立小学校に通われているお子さんには、

まだ習っていないことが多いので、1,2学年下げたもので十分です。

青葉塾では10年ほど前から、「どんぐり問題」を取り入れてきました。その効果は、絶

大なものがあります。

まず、お子さんが「ゆっくり・じっくり・ていねいに」問題に取り組むようになります。

あきらめようとしません。この姿勢を小学生の時に身につけることが、どれほど将来的に

大きく役立つか、大きな楽しみとなります。それは、3・4年間、「どんぐり問題」に

取り組んだ経験のあるお子さんが、中学で全員が上位の成績を収めていることからも、い

かに、自力で問題に取り組み、それも絵図に起こして考える力をつけることが素晴らしい

かの証しです。

次に、解けるたびに、喜びが内からあふれ、自信がついてきます。どんぐり問題」は、

お子さんにとっては、毎回初めての問題です(類題は発展的な形ででてきます)。その見

たことがない文章題を、だれにも頼らないで、自分で考えて解けることがうれしくなって

くるのです。青葉塾では、1回に2題を目安にしています。

<考案者の糸山先生は、「1週間に1題解くだけでも大きな効果がある」と。>

 

教えすぎると、お子さんは考えることをしなくなります。大事なことは、ヒントの与え方

です。青葉塾では、お子さんは、一定の線を越えるところまでリードしてあげると、ぐんぐ

ん伸び始めるるということを信じて日々接しています。

学校では、いきなり「問題を読んで、式を書きなさい」というのが普通です。これでは、

「考える力」を育むことは難しいです。お子さんには、考える力・豊かな思考力(視考力)

が宿っています。その力が、最も引き出しやすい小学生の間に、しっかり身につけさせて

あげましょう。

ご注意

ページのTOPへ